top of page
グラデーションの背景
検索
  • 執筆者の写真EMIデザイン IBARAKI EMI

費用対効果を意識した制作で品質アップ。

広告動画のように、何か物を売りたいときには、必ず伝えたいメッセージがあります。

また、必ず予算と〆切が決まっていますので、その中で最大限にコストパフォーマンスを発揮する事が大切だと思います。


予算と〆切の中で、最も伝えたいメッセージをどんなイメージで表現するかを考えます。

(スタイリッシュ、コーポレート、華やか、奇抜などなど…)


情報として重要度が低いところ、例えばキャッチコピーの背景など、必ず伝えたい情報と伝えなくても良い情報に、工数を分配して、動画制作に費やす時間配分を組み立てていきます。


費用対効果を意識した制作をする事で、動画の中にも強弱が付き、自ずと工数も1番伝えたいメッセージの部分に、効率的に制作時間を費やす事ができ、それは動画全体の品質を上げる事に繋がります。


〆切と予算とをバランスよく考えて、納品時に最適でコスパの良い品質を目指す事が重要だと思います。


Comments


bottom of page